逆援助は単純明快

男性が求める事は若い女の子とセックスをしたいという事だけですよね。至って単純明快です。
じゃあ、逆援助交際で女性が求める事は若い男性とセックスをしたいという事だけなのでしょうか?もちろん、若い男性とセックスしたいという気持ちも当然あるでしょう。

それがメインのはずです。しかしそれだけなら話は簡単なのですが、女性の場合はそれだけじゃありません。

そもそもそのセックスにしたってどうしてもセックスでは女性が受身なので、援助交際では男性が女の子を買って自分の好きなように抱けばそれでOKですが、女性の場合セックスをするのは男性ですから、自分の好きなセックスを相手がしてくれるという保障がありませんよね。

もちろん、こうして欲しいという要求は出したとしてもそれが明確に伝わって、さらには要求どおりのセックスが出来るかどうかはやってみないと分かりません。
結果的には男性がするセックスに満足出来なかったという事もありえるわけですから、受身の女性がセックス目的でお金を払ってセックスしても満足出来ない場合もあるというわけです。

それに先ほども言いましたが、女性の場合は買うのは肉体だけじゃなく心も買うのです。
本気で相手に好きになれなんて横暴はいいませんが、一緒にいて楽しみたい、癒されたい、擬似恋愛を楽しみたいと思っています。
ですからセックスをしたらそれで終わりなのではなく、セックスをするまでの過程が恋人同士のように食事をして、デートをして雰囲気が盛り上がってからセックスをするというわけです。
ただ会ってそのままホテルでセックスより相手をデートで楽しませないといけない分難易が高いですよね。
しかし、援助交際の報酬が3万円前後に対して逆援助交際の報酬は15万円前後が一般的です。
それだけ報酬をもらうのですから、そこまでしなければいけないのも納得ですよね。

逆援助交際の方法

それでは、逆援助交際の長所も短所もよくご理解戴いたとして、
その上で、交際成功法についてお話したいと思います。

これまでお話してきたメール送受信や女性との接し方ですが、
これらは逆援助交際をスピーディにゲットするための最速のノウハウとして
考えていただきたいと思います。

逆援助交際サイトを利用する上で最初の心構えとしてまず、
「騙される可能性とリスク」を挙げておかねばなりません。
かといって挑戦しないと成功は得られません。そこで必要なのが、
なるべくリスクを避けつつ「ヘタな鉄砲を数撃つ」という方法なのです。

逆援助交際サイトに登録すると交際を希望する相手からメールが送られてきますので、
まずは相手のメルアドや電話番号を確認して、さっそくメールなり電話して、具体的な要望を話し合ってみます。

電話の方がダイレクトにお話できますので、金額や会う場所など、
具体的にすぐ決める事ができます。
もしも相手がメルアドしか明かしてこない場合、
相手に自分の電話番号をメールで伝えるのも良いでしょう。

メールのやりとりを通じて徐々に心開いていく女性もいますので、
そんな場合は電話番号を無理強いせずに、メールを続けることになります。
気をつけるべきは、サイト内のメールにこだわるのはサクラがよく使う手ですので、
直メールを断るような女性はスルーした方が安全でしょう。

メールよりも電話での会話を優先するのは理由があって、
「メールなどの書き言葉だけの場合、音声を伴う会話の半分以下しか、その内容やニュアンスが伝わらない」
という心理学的検証結果があるからです。

その結果から、逆援助交際でも多くの場合、
電話によるコミュニケーションの方が良い成果をもたらすといわれるのでしょう。

何度も何度もメールのやり取りを繰り返した結果、相手がサクラで、
時間と労力とお金の無駄使いだった、という目に遭わないために、
迅速なる行動を思い切りよく行うようにしたいですね。